東南アジア
 インディアンスタイル  

乗り物酔いに苦しみつつも、叙々に回復してきた私。
乗り物はもう十分。他のイベントを見てから、遊戯具のある所を抜けると
そこはちょっとしたマーケットになっていました。

売っているものは様々だけれども、お祭りというよりも庶民の為の寝具や金物など。
観光客の私たちにはあまり興味のわかないものばかり。
けれども、お店の人は私にベッドマットを売りつけようとしている。
買いませんよ(汗)

そんなお店が、白いラインによって個々のブースに区切られています。
一通り目を通して、他の場所に移動しようとした時。
ロニが突然「見て!見て!」と何やら興奮気味に言ってきました。
何事かと思い、ロニの目線の先を見てみるけれども、特に何も変わったことは無し。
よくわからないけれども
「はいはい、すごいねー」と適当に相槌を打つ(ひどい)

「NO!NO!見て!見て!」
グイグイ私を引っ張るロニ。
なんなのよ〜!と呆れ気味に ロニの指の先を見てみると。

?何を興奮してるの?何もないじゃーーん…
ん…?

ん?

んーーーーーー!!!!

ブースの線がおじさんの形に!!

「なんで!?」
これには二人で大笑い。
おじさんどかなかったんだね。
いや、それ以前に線を引く人が普通におじさんをよけて線を引いたんだね。

(笑)

てきとーーーー

まさにインディアンスタイル!
こんなインドが大好き!!

こういうゆるい感じがいいよね。ゆるすぎて大変なこともあるけど…