東南アジア
 ユダヤ教の食事情 

ロニはイスラエル人です。そしてユダヤ教徒です。

私は宗教というものにとくに縛られた生活をしてないので
ロニといると宗教って大変だなぁ〜…と思わされることがたくさんあります。

まずはお祈り。
朝起きたらお祈りします。毎朝します。たまに夕方にしてるときもあります。
基準はわかりません。
毎日毎日、朝起きてお祈りを何十分間はしないといけないなんて大変だなぁ。
寝坊したときはしなくてもいいのかなぁ…
同じ本を毎日読んでいて飽きないのかなぁ…
などとずっと思っていました。
まぁ、彼にとってはこれが日常であっていまさら疑問も何もないのかもしれませんが。

それと断食日。
一年の中で食事を1日中とってはいけない日があるみたいです。
1日何も食べてはいけないって…(しかも水も飲んじゃ駄目って)
大変だなぁ…
しかも、その日は何もしてはいけないとか何とか…
とにかく大変な日です。

そして、これが一番大変だなって思ったのが食事情。
宗教上食べられないのが多いのです。
その中でも、私だったら辛いと思ったのが
豚肉、貝類、えびやイカ…
豚は宗教上食べられない(というか食べたいとも思ってないみたい)のが多いみたいです。インドでも豚は食べませんし。
なので、インドで豚肉のことはとくに気にしてない様子。

けれども、この食事情、食べられないというのもあるけれども、食べてもいいけれども、組み合わせて食べてはいけないということもあるらしく
とにかくややこしいなといったかんじです。
(人によってはそこまで厳しく制限してない人もいるみたいですが)

あるとき一緒に食事をしていたとき
私はチキンカツを、ロニはチキンマサラを頼みました。
食べ始めてから少しして
ロニに何か異変が。
私「どうしたの?」

ロニ「…このマサラ…」

私「?」

ロニが店員を呼びました。

「このチキンマサラはバターが入ってる?僕はチキンマサラを頼んだけど、これはチキンバターマサラじゃないの?」

店員の話によるとメニューにはチキンマサラと載っているものの、今はチキンマサラは作っていなく、バター入りのみ作ってるらしい。
てか、それ最初に言おうよ(汗)料金だて変わってくるんだし(汗)
さすがインド。適当です。

しかし、ロニにとっては料金だけの問題じゃありません。
「僕はジューイッシュだから、肉と一緒に乳製品を食べてはいけないんだよ!困るよ!!」

え?!
そうなの?!

結局、私がそのマサラを食べることになり、ロニは私のチキンカツを食べるということで無事その場は収まりました。

それにしても…
乳製品と一緒に肉を食べてはいけないという決まり。
なんと面倒くさい決まり事。
ということは…
ロニは肉入りのグラタンもシチューもピザもチーズバーガーも…などなど…
いろんなものが食べられないのね。
本当に大変だなぁ…

私には出来ないわ…