東南アジア
 見てる… 

早朝、町中に流れるのアザーンの音で目が覚め、窓の外を見ると激しい雨。
雷までなってます。
この音で、今まできたどの国ともここは違うところなんだと再確認。
と言ってもまだまだ早い時間なので、そのまま再び眠りにつきました。

目が覚めると時間は既に10時近く。部屋にある電話がなり、それに出ると
これから朝ごはんを届けに行きますとのこと。

そして、昨日言われたとおり部屋で朝食をとりました。

何時にここを出るのかと聞くと12時半という返事が。

あと、二時間ちょっとかぁ…
何もすることがないので、持ってきたヘンプを編んで時間を潰すことに。
すると、その約二時間後。
また部屋の電話がなりました。
少し早いけど、もう少しで出るという電話かと思いきや
「これから昼食を持っていきます」とのこと。
さっき食べたばかりなので、正直おなかすいてません。
そして、持ってきてくれた昼食はなんとも豪華。
豪華というか…量が多い。
3種類くらいのカレーやらサラダやら…こんなに食べられないなぁ…
と思いつつ、持ってきてくれたスタッフにお礼とバングラデシュのお金は持っていなかったのでチップの代わりにタバコを渡しました。

が、

なぜかこのスタッフが部屋から出て行かない。

いや、いいのよ、もう出て行って。

しかし、出ていかない。

そして、なぜか私の食べるのを…ずっと見ている。

どうしてですか?
なんか食べにくいんですけど…

結局、私が食べ終わるまでずっと私の食べている姿を見ていました。
と言っても、お腹がすいてなかったので、ほぼ残してしまい…
それに対して
「どうしてそんなに食べないの?」
お腹すいてないのよ
「でも、これはおいしいよ。もっと食べないと」

(汗)

困ります。

「食後にコーラはどう?持ってきてあげるよ」
と言われ、お腹がいっぱいだからいらないと言うけれども
そんなことは無視で、食べ終わった食器を下げていったあとにコーラを持ってきてくれました。
しかもビン。しかも、蓋開いてる。
貴方にあげるよと言ってもそれは断られ…
仕方なく飲むことに。

この人…私が飲み終わるまでまた待ってる。
そんなに急かされても…コーラだし、そんな勢いよく飲めないよ…ウップ…(汗)

そして、飲み残しのビンを持ってようやく彼は部屋を出ていきました。

…(汗)

なんだったの?

人の食べている姿、幸せそうな姿を見るのが私の生きがいなのです…(推測)