東南アジア
  社長!! 

ニャチャンの宿で、マレーシア人のリンさんと仲良くなりました。
リンさんは、この日本人宿に長くいるせいか、日本語がすごく上手です。

このリンさんに、今日の夜に知り合いの日本人の社長とご飯を食べるけど、
一緒に行かないかと誘われ「マグロが食べられるよ〜」
という誘い文句にやられていくことに。

車で、向かいに来てくれた社長とともに行ったのは
ニャチャンで高級店と呼ばれる中華料理店。

こんなところに…私たち来ていいの?

しかも通されたのは、VIPな個室!!!!!

そこに、シンガポールの女性やおじさんも何人かいました。
みんな華僑の人らしいです。

どうやら、何かビジネスの話をするために集まっている様子。
このお店の社長や息子も後から参加。

こんな場に私たちは本当にいていいのかしら???

全く意味が分からなかったけれども、とにかく料理を食べていました。
この料理が激ウマ!!!
何の料理なのかさっぱり分からなかったけれども、
日本人の社長の話によれば
「その魚は日本では食べられない魚だよ」と教えてくれました。
この魚のから揚げが本当においしくて、おいしくて…味が表現出来ないのが残念です。
本当に何ていう魚だったかなぁ。
また食べたい…

早めにその会合は終わったので、
思ったより早く終わってよかった。と思っていましたが、
それはただの一次会だっただけで
その後に、なぜかニャチャンのクラブ兼カラオケハウスに!!

そこで歌え〜飲め〜踊れ〜ととにかくはじけまくりのみなさん。
もちろん、ここでもVIPルームみたいなところ。

なんか私たち…
ホステス…みたいね…
と思いながらもおいしいご飯を食べさせてもらったし、
ここでも飲み放題なのでとにかく飲みまくり。

24時になりやっと帰ることに。
と言ってもこの店が24時クローズということだったので帰った訳で、
本当に疲れたの一言。

そこで日本人の社長とは別れ、
あの中華料理店の社長が私たちとリンさんを宿まで送ってくれました。

すると…
なんと宿のシャッターが閉まってる…

この宿はどうやら遅くなると防犯のためにシャッターがしまるらしい。
リンさんはこの宿に長いので、大丈夫だからと言ってあけようとした瞬間!

なんと社長が酔って、そのシャッターをドンドンたたき出した!!!!

「おーーーーーーーーーい、あけろーーーーーーーーーーー!」
ドンドン、ドンドン!!!!

きゃーーーーーーーーーーーーーー!!!
社長止めて!!!!!!!!!!!!!!!!

社長を止めようとしても、止まらない!!!!

「おーーーーーーーーーーーーーい!いるんだろーーーーーーーーー!!!」
ドンドン…ドン…ガンガンガンガン!!!!!!

その音に気付いて中から声が。
「誰だ!こんな時間に!!」(みたいなこと言ってた)

そしてリンさんが話しをしてあけてもらうことは出来たけれども…
あけてもらってからも社長はずっと叫んでました。

「これ以上騒ぐと警察呼ぶぞ!!!」
とまで言われてました。

言われても仕方ないよ…

最悪だよ、社長…

それから何日間かそこに滞在していたけれども、かなーり気まずかったです…

会合メンバー クラブの前で撮った写真。
真ん中の白いシャツを着たおじさんがこの騒ぎを起こした社長…
酔いすぎだっつーの(汗)

社長のバカ…