東南アジア
 フェスティバル! 

ある日、いつも通り宿の1階でのんびりしていると
いきなり、日本人の男の子の集団が走って目の前を通りすぎていきました。

何の騒ぎなのか、一緒にいた子が彼らに聞くと

「花火だよ!花火!」

何?!花火?

ということで、私たちも外へ出ました。
すると、
ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!

ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

と花火の打ち上げる音。
これは結構近いぞ!と思い、そのまま走っていくと
そこは昨日ロニとライブを見た広場。
昨日よりさらに盛り上がってる様子。

何?この騒ぎは?

道路のイルミネーション 道路もこんな感じにイルミネーションが。

昨日といい、今日といい、何のお祭りなの?

実はこれ、クイーンの誕生日フェスティバル!!
クイーンの誕生日にこんなフェスティバルがあるなんてさすがはタイ!

タイの正式な国名は英語で「The Kingdom of Thailand」
日本語で「タイ王国」
そう、この国は王の国なのです。
日本の天皇と同じような感じ?(違うかな?)
しかし、日本で天皇の誕生日にもこんなお祭りは行われない。
タイ人の国王を思う気持ちはすごいのです。

例えば、タイの道路を走っていると国王の看板や女王の看板を見かけます。
そこを通るとき、タイ人はちゃんとその看板に向かって一礼したりします。
それはたとえ、運転中でも同じ。
タクシーに乗っているときにドライバーもちゃんとやっていました。

そして、国王はお札にも登場。

さすがタイ。

そして、この祭り。
女王だけれども、すごいのです。

その祭りの中ではいろいろな屋台が出ていたり、
ムエイタイの試合が行われていたり…
とにかくすごい盛り上がり。

最終的には なんかあいさつしてる。
でも、ここには女王はいないとか。
ちなみに大きな看板に写ってるのが女王。
ポーズ決めてるなぁ…
半端じゃないです。

このあとも道路もカオサン通りもお祭り状態。
いや…すごかった…

この日は思い切って贅沢三昧。
仲良くなったさきちゃんと高いアイス食べたり、
ビール飲んだり…マッサージまで行っちゃいました!

女王の誕生日だし、いっか。ってことで。

ということは昨日のライブは前夜祭?