東南アジア
 イスラム教のイメージ 

ハジャイに向かうため、駅に向かいチケットを購入。 駅 ここが駅。
チケットは簡単に買うことが出来ました。

駅のホーム ホームにはこの線路を渡っていきます。

列車の中 これが車内。人は少ないです。

景色 車内からの景色。本当にのどか…

最初はポツリポツリだった乗客も駅を過ぎるごとに多くなっていき、
私の席も相席になりました。

私の向かいに座ったのはイスラム教の女子学生二人。
私の中での勝手なイスラム教徒の女性のイメージは
・おしとやか
・おとなしい
などなど
あの頭に覆ったベールの下が神秘的な感じ。
あのベールの中の頭はどんななのか。
もしかしたら坊主だったりして…

この二人にもそんなことを思いながら、
とくに会話をするわけではなく、そこで一緒の時間を過ごしていました。

と、その時…

一人の女の子が
あの神秘的なベールを…
脱いでしまった…

え…それってそんなに簡単に人前で脱いでもい・い・の?
たしかに車内は暑いし…
ベールをつけたままだと蒸れるかもしれないけれども…

しかも、謎めいていた、そのベールの下は…
普通に肩まである黒髪…
坊主じゃないんだ…

ちょっとがっかり…

そして次の瞬間

そのベールを脱いだ子が…

鼻を…

ほじほじ…

そして、それを飛ばす…(汗)

立てひざでゴミは窓の外で捨てまくり…

おしとやか
おとなしい

イメージって怖いですね。
まぁ、勝手なイメージだったので仕方ないけれども…

でもちょっと寂しい…