東南アジア
 自然な町 

マラッカにいたときにお気に入りのお店がありました。
そこの店員さんと仲良くなり、最終日にもそこのお店に行きました。
そしてこれからコタバルに行くと伝えると、かなりびっくりしていたので、どうしたの?と聞くとコタバルは危ない。行かないほうがいい。とのことでした。

タイとマレーシアの国境近くだから、未だにテロが多く、
こないだもテロがあったばかりなんだと彼女は教えてくれました。

コタバルってそんな危ないところなの…?

多少は情報を集めていたものの、そんなことになってるとは思ってもいなく。
大丈夫かなぁ…と少しだけ不安になったり。

といっても、来てしまったわけで

町は寂しい感じが漂うけれども、
ここでテロが起こったというのは信じられないほど、のんびりしたところでした。
ここが危ないなんて世の中分からないことばかり。

しかし、宿がどうしても気に入らなかったので、
長居をするつもりもありませんでした。

とりあえず町を散策 コタバルの街並み 宿の屋上から見た町の景色。結構お店多いです。

宿の人が少し歩いたところにマレーシア文化を見られる場所があって、
そこで毎日2時くらいから
無料でショーが見られるとのことなので行ってみました。

そして着いたところ マレーシア文化 こんな感じでマレーシアダンス(?)を音楽に合わせて踊っていました。

が、
あまり楽しくないというか…踊り手のやる気がないというか。
ボランティアでやっているから、こんなものかな?と言った内容だったということと、
私の座ったところの近くに犬の糞があり、
それがめちゃくちゃ臭かったので途中で帰ってしまいました。

とくに何もない町でしたけれども、この町全体の雰囲気は好きでした。
とくに、ここのマーケットはよかったです。 マーケット マーケット内。1階のここはお菓子コーナー。
奥には野菜など、いろいろな食材が売ってます。

マーケット内の食堂 二階は食堂になっていて、たくさんのお店が料理を出していました。
私が食べたのがここのお店。
下手なレストランとかに入るよりも、こういう場所のほうが安くて、おいしい!

コタバルでは英語はほとんど通じなかったため、最初はこの市場に入るのもためらっていました。コタバルを出ると決めてから、ためらっていては駄目だと思い行ってみたのですが、もっと早い時点で行けばよかったです。
この市場にもっといたいという理由だけで、ここにもう1泊しようかと思ったくらいでした。

まぁ、結局その日に国境に行ったのですが。
でもまた行ってみたいかも