東南アジア
 ナイトマーケット 

ジョンにナイトマーケットに行こうと誘われていたので、宿に戻って、ジョンと合流。
イギリス人のサイモンも一緒に行くと言っていたのに面倒になったのか、やはり、宿にいることにするって。

この人…
今日一日、何もしてないでテレビ見てただけなのに…
なんて面倒くさがりなの。
まぁ、いいけど。

ということでジョンと二人でナイトマーケットに。

ナイトマーケットはちょっとした楽しみでしたけど、
これといって何かおもしろいものがあるわけでもなく。
売っているものも、どこか気の抜けた商品ばかりでした

これがナイトマーケットの様子。屋台がちらほら…

そんなときにどこからか音楽が…
何と思ってみてみるとドアの開いたままの建物の中でたくさんの人が音楽に合わせて踊ってる!
そして、カラオケらしきものも…
これは何?とジョンに聞くと
今、マラッカではカラオケが流行ってるということ。

それにしても、あの踊り…
なんとも言えぬ社交ダンスのようなエアロビのようなそんな感じ。
あれを堂々と踊ってることがすごいなと…
すると一緒に踊りましょうと手招き。
さすがにそれは…と思い、お断りだったけど、踊ったほうがよかったかしら…?

その後は、ジョンがかなりおいしいと評判のお店で夕飯をご馳走してくれました。 ババニョニャ料理。
マラッカではこのババニョニャ文化というのがあります。

ババニョニャ文化とは簡単に言うと
中国人とマレー人の間に生まれた子孫が両方の文化を融合してつくたれた文化ということらしい。
ちょっと難しいので、これくらいしか分からないけれども…
これは日本でいうラーメンのような麺料理とカキ氷のようなデザート。
人気店なだけあってかなりおいしい。
是非是非、マラッカに行ったときには食べてほしいものです。

これだけ食べられただけでも、ここにきてよかったなぁと思いました。
かなり満足なのに、なぜか帰りにちまきを買った、ジョン。
それを宿の近くでお茶しながら食べたけれども、
さすがにおなかがいっぱいで、残してしまった。
でも、ちまきもかなりのおいしさでした。

宿に戻ると、イギリス人はまたテレビを観てた
本当に1日中テレビ(笑)