東南アジア
 連絡の難しさ 

二人旅、けれど、別行動をしている私たち。
大変です。かなり大変です。

日本なら携帯電話があり、いつでも連絡を取ることが出来ます。

携帯電話がなくても、電話もありますので、
時間さえ合わせれば連絡をとるのは簡単です。

けれども、私たちは携帯電話なんて持っていません。
しかも、いるのも違う国。

メールでは一方的なことしか送れません。
返事がいつ返ってくるかもわかりません。
下手するとネット環境のない場所だってあります。

こんな状況の中で、ちゃんとした日にちも決めないで
合流ということはかなり難しいです。

会えないけど、会えたらラッキーくらいに思っていないとかなりその連絡を取るだけでストレスになります。

私もそれで実際にGに怒りのメールを送ったこともあります。
もう、こんな人と一緒に行動なんて出来ないとまで思ったこともあります。

が、しかし

実際にカンボジアで再会したとき

あ!!!!!!!!!!!!!!

G―――――――――――――――!!!
うるうる…

黒くなったねー!
ちょっと痩せた?!
これまでの話聞かせてよ〜!

やっぱり気の合う友達との再会は嬉しいのです。
それまでの怒りは全てその一瞬で飛んでいきました。

まなてぃ「あの子、黒すぎじゃない?日本人?」
Gは純正な日本人です(笑)