東南アジア
 最高に疲れた移動 

ついに、バンコクを出ることに。
Gからのメールを受け取ってすぐにカンボジアのシェムリアップ行きのバスを手配しました。

そして、2日後
VIPバスというのに乗ってカンボジアの国境まで…

VIPバス…

嫌な予感…

チェンマイからバンコクに戻ってきたときのバスのことが思い浮かびました。
また、あのバス…

しかし、実際に来たバスはこれぞVIP!と言った豪華なバス!
座席ひろーーーーい!
人も少ない!
毛布もついてる!と言った感じ。
本当にVIPでよかった!

そしていざ、カンボジア国境へ!

バスはタイの国境までです。その後は歩いて国境を渡り、
カンボジアに入ってからまた他のバスに乗り換えます。

出国審査は結構な時間がかかったものの、無事に済み、いざカンボジア!

アンコールワットのミニチュア版があるカンボジアの国境。あれを超えれば…

結構立派です。

そして入ったカンボジア!
このカンボジアの国境はカジノで稼いでるらしくカジノがたくさんあります。
タイにはカジノがないから、タイ人のお金持ちはわざわざこの国境の町まで来て大金を使っていくそうです。
そんな人たちに物乞いの子供たちが手を差し出します。
けれども、金持ちはそんなのは無視です。
ひどい人は子供を怒鳴り散らしています。
そんな光景に考えさせられます

入国審査を無事に終え、今度はタイのバスとは対照的な小さなオンボロのミニバスへ。

カンボジアの国境まではバスの中で知り合った沖縄に住むまなてぃと一緒でした。
しかし、私たちは別々の車に…
また、シェムリアップで再会しようと約束をしてその場はさよならをしました。

シェムリアップまでの道…
そこはとてつもないガタガタ道…

舗装されていない、赤土の道はいたるところに大きな穴が開いていて、
それを避けようとミニバスも走るけれども数が多すぎて100%避けるのは不可能。
時には、このまま横転してしまうのでは…というくらい傾きながら走っていました。

このまま…無事にシェムリアップに着くのかなぁ…
不安にさえ思います。
気合をいれていないと席から飛び落ちてしまいそう。
そんな状態です。

その上、エアコンは壊れているので、窓を開けないと蒸し風呂状態。
だからといい、窓を開けると激しい砂埃…
蒸し風呂状態よりはましと思い、窓をあけていましたけれども
あっという間に顔は赤土で茶色に。

でもそんなの気にしてられない。

こんな状態の車内で私のとなりに座っていた欧米人の女の人は、優雅に本を読んでいるというツワモノ…
ここにもまた新たなツワモノが…

道はどこまで行ってもまっすぐで、
回りは草原が地平線まで続いてるだけでした。

何も目指すもののない中をただ走っているだけというのはなかなか辛いです。
たまに先のほうに山が見えてきて、きっとあそこまで行けば…
あそこから町らしい景色に変わってくる…
という期待を抱くけれども
着いてみると小さなただの村。
そこでトイレ休憩を取りその村を抜けるとまた草原だけが続く道へ…

いつまでこの道は続くの…
そんな思いも持ちつつ…さらに走り続けるミニバス。

そして、また休憩。
こんなに続けて休憩を取る必要はない!
それよりも早くシェムリアップに向かってくれ!と文句をいう欧米人。

たしかに…
とにかく暗くなる前に早くシェムリアップについてしまいたい。気持ちは同じ。
けれども、この悪路を走るためには車も休憩しないといけないらしく
それを聞いたら文句も言えません。

シェムリアップまでの道 休憩したところから撮った風景。
こんな何もないところを永遠と走り続けているのです。

そこでまなてぃと再会。
すぐ後ろから走ってきていたらしい。
私と同じミニバスに乗っていた日本人のキャンディという
謎めいた年上の女性(大学生だと思ったけど違った)とも仲良くなり、
あの道は凄すぎる。という話で盛り上がりました。

そして、ようやく出発。

まだまだ続くひどい道。
けれども、何時間もこの状態で走っているからか
この悪路にも慣れてきたということと、あまりに疲れてしまったということで
そのまま眠ってしまいました。
(あとでキャンディとそのことについて話すとキャンディは眠ってたんじゃなくて気絶したのかもしれないと言っていたw)

どれくらい走ったのか分からないけれどもいつの間にかあたりは真っ暗に。
街灯なんてあるはずもなく、車のヘッドライトだけが闇の中を照らしていました。

空には無数の星の光。
これだけ、何もない場所だったら星も綺麗に見えるよなぁ。
止まって、ヘッドライトを消して見てみたいものだけれども
そんなことこんな状態で言えるはずもなく。

そのままミニバスは走り続けます。

そしてやっと、町らしき場所に。
道も舗装されてる!やっと…やっとシェムリアップに…早く、宿に行きたい!

と早まる気持ちとは裏腹になぜかミニバスはノロノロと走り出す。
なんと自転車よりも遅い。
何してるの?早く進みましょうよ!

すると、走行中にも関わらずいきなりミニバスのドアがあき、そこから2人の男が乗ってきました。

突然の登場にバスに乗ってる人はみんな戸惑い気味

ひとりがなにやらいろいろと説明しています。
それを聞いた欧米人がいきなり怒り出した!!!

どうやら、このバスはこのままひとつのホテルに向かうとのこと。
つまり、この男たち、ホテルの客引き!
ブーブー文句を言われるまま、バスはそのホテルに。
しかし、誰もそこから降りようとしません。
ここじゃなくてバスターミナルまで行け!ととにかく怒る怒る!
時間はもう22時くらい。
みんな疲れて怒りも倍増なんだろうな…
そして誰も降りないことにホテル側も怒りだしてきた…
もうめちゃくちゃ…
どうなるんだろう…

と思っていると窓の外にまなてぃの姿が!
こっちにおいでよというので、キャンディと一緒に降りてまなてぃのところへ。
まなてぃも他のホテルにつれていかれたけど
そこの人は良い人だからそこに泊まることにしない?とのこと。

私はタケオゲストハウスという日本人宿でGと待ち合わせをしていたので、そっちに行きたいと言うと、キャンディもそのタケオゲストハウスを予約してあるということだったので、それならということでタケオに向かうことに。
そこから町中までは遠いので歩いてはいけません。
どうしようかと相談していると
突然私たちのバスが停まったのホテルスタッフがまなてぃに近づいて怒り始めました。
関係ないやつはどこかに行け!このホテルの敷地に入ってくるな!
ここでまなてぃ VS ホテルマンで言い争い。
大変なことになってきたので、とりあえずそこからは離れ、タケオに向かう為にまなてぃのバスが停まったホテルへ彼女の荷物をとりにいくと、今度はそっちの宿の客引きがしつこい!

とりあえず、泊まらないからタケオまでタクシーで乗せていってといっても
そこにいたタクシー運転手もバイタクもみんなグルで
高額な値段しか言ってこない。

これにまたまなてぃがキレる

まなてぃ強いっす

こんなやつとりを1時間くらいしていた私たち

最終的にはタケオに行くことは出来たけれども…
ここからも予約が取れてないとかいろいろ大変でした。

結局トリプルルームに3人で泊まったけど、本当に疲れたの一言。
大嫌いなゴキブリが私のベットの下に逃げ込んだりもしたけれど、疲れすぎて、そんなこともどうでもよくなってそのまま寝ました…

キャンディは数日後、またあの道のりで
バンコクへ戻るらしい…私はもう嫌