東南アジア
 運命!?

まず、ちょっとした豆知識。
バリ島の面積は5,633Kuです。
これは、日本の愛媛県、三重県とほぼ同面積。
そして、東京都の2.5倍です。

そんなバリで知り合った、一人の彼。

彼と最初に出合ったのはバリでの最初の地、クタの宿
男4人で遊びにきていた彼は大阪で大学に通ってるナオト。
クタの宿では、少しあいさつをするくらいでした。

その後、ウブドに移動した私たち
数日後、Gが彼らと再会、
一緒にご飯を食べたらしいです。

さらに数日後、
昼食をとっていた私たちの横を一人通り過ぎるナオト。
「あーーーーーー!!!」としばしの再会を喜んでから
彼は一人、島に行ってくるとウブドを去りました。
(友達とは別行動してるって)

その後、私たちはウブドを出てチャンディダサに行き、
またウブドに戻る日。
バスの乗り換えでチャンディダサ→ウブド間の町パダンバイで
昼食をとっていると

またまたナオト!!

ちょうど、島から帰ってきたところでした。
地元人ばかりの船に乗り、ダイビングを楽しんできたそう。
久々の日本語―!と言って喜んでいました。
ここまでくると段々親近感も沸いてきます。

そして、一緒にバスに乗り、ウブドへ
そこで別れてお互い、自分の気に入っている宿へ向かいました。

といっても同じウブドだし、また会うかもね。とGと話していたら
その日の夜、トノさんたちと飲みに行ったバーで再会!!

いやぁ〜ウブド狭いっス

その後、私たちはドリームランド→ブノアに移動
数日、過ごしてから
バリでの最後の場所、ウブドを目指すためタクシーでクタまで行きました。

クタでウブド行きのバスを予約して、
出発までまだ時間があったので、その辺を散歩しました。

ふと、通り沿いにある両替所を見ると…

両替所の中にナオトーーーー!!!!(と、その友達3人)

さすがにここまでくると運命なんじゃ!?と軽く勘違い。

と言っても彼らはその日、日本に帰ることになっていました。
これでもう本当に最後だね、と惜しみながら、元気でとさよならしました。

これで日本でまた再会したら…

なーんてないよね。大阪と東京じゃね〜

なんて言っていたら…

なんと…!!!!

…なーんてあるわけないですねぇ。

でも、約束も何も無しであんなに再会した人は彼だけでした。
バリって狭い…

運命じゃなくてただの偶然